通関士 通信講座

『通関士試験に合格するための資格スクールの選び方』サイトへようこそ

通関士試験は合格率20%を割る難関国家試験です。

 

初めて法律系の勉強をする受験生であれば、どのように勉強すればいいのか戸惑うことも多いでしょう。
さらに、時間がない受験生であれば余計に焦りも出てくると思います。

 

特に独学の場合ですと、

  • 膨大な試験範囲の中でどこに力点をおいて勉強すればよいのか?
  • どれだけ勉強すれば合格ラインに到達できるのか?
  • 具体的にどのように勉強を進めればよいのか?

 

こういったことが独学の勉強ではわかりづらいため、とても効率の悪い勉強になってしまいがちです。

 

独学でも通関士に合格することは可能でしょうが、独学の場合だと、通信や通学と比べ数倍の勉強量が必要なのではないでしょうか?

 

この辺りは考え方になりますが、確かに独学で合格できればお金もあまり使わずに済むし、途中で勉強を止めやすいというようなこともあるかもしれませんね。

 

もしかしたら、独学で合格したらカッコいいという考え方もあるかもしれません。

 

一方、通信講座や通学講座だと、結構なお金がかかるし途中で勉強を止めるのも多くの方には勇気がいる決断になります。

 

自分が受験した経験からすると、それなりにお金をかけてがんばって勉強していると、
簡単に受験をあきらめられませんし、

 

それなりに勉強していくと、
合格するまで止められません

 

一度、目指した目標なら、さっさと合格して次のステップに進みたいというのが自分の考えです。

 

資格スクールのカリキュラムに沿って勉強を進めていけば自然と通関士試験の合格ラインの実力を身に付けることが可能ですから勉強するだけなのです。

 

独学だと、どこまでべんきょうすれば合格ラインに到達できるのかがわかりにくい面があります。

 

ついつい、全問正解できるように勉強しようとしてしまいがちですが、学校のテストと資格試験は基本的に違うことを忘れがちです。

 

確かに、満点取れればどんな試験でも合格できますが、ある程度のレベルの資格試験の場合は、そんなのは絶対に無理ですよね。

 

すべての範囲を完璧に勉強するなんてできない・・・
そんな、一流の予備校講師でもできないことを一受験生がトライしちゃあダメです。

 

確実に得点できる分野と最低点で乗り切る分野を意識しないといけません。
「どれだけやっても高得点が取れない分野」は、通関士試験でも存在するわけです。

 

ちなみに、通関士試験の試験科目は、

  • ・通関業法
  • ・関税法等
  • ・通関実務

この3分野ですね。

 

そのうち、通関業法は、短期間の学習で合格ライン、あるいは満点も可能な科目です。
通関業法はあまり時間をかけないで取り組むことがポイントですね。

 

一方、関税法等にかかる法令は多岐に渡ります。
;関税法、関税法施行令、関税定率法、関税定率法施行令、;関税暫定措置法、関税暫定措置法施行令、外為法、等など幅広い点が特徴です。

 

学習の重点も関税法等の学習が通関士試験の要となります。

 

また、通関実務は、まさにどれだけ勉強しても満点はとれない科目です。
この科目で満点を狙ってはいけません。

 

過去に出題された問題を把握して過去問をマスターできていれば、合格レベルにいけるわけですから、ここをおろそかにしてはいけませんね。
超難問が例年2・3問程度出題されるので難しい科目ですね。

 

 

確かに、勉強はしんどいことなので色々邪念が入りますが、カリキュラムが決まっていれば迷うことは少しは減ります。

 

実際に、通関士試験の短期合格者の多くは、なんらかの資格予備校の講座を利用しているでしょう。

 

 

では、資格予備校の講座を利用するとして、通学と通信講座では、どちらが合格しやすいでしょうか?

 

通信講座は、もともと通学講座の付け足しのような扱いをされてきた時代もありました。
通学できない受験生が仕方なく通信講座を受けるような流れがあったのです。

 

ところが時代は変わりました。
情報機器の発達で、自宅のパソコンやスマートフォンなどで、簡単に一流講師の講義を聴くことができます。

 

つまり、通信講座でも十分に通関士試験に合格できる時代なんですね。
むしろ、自由度の高い通信講座のほうが通学よりも効率よく合格できるという見方もできます。

 

とはいっても、資格スクール(予備校)の通信講座の内容も千差万別です。

 

せっかく高い費用を払って通信講座を申し込んでも、効率よく勉強して通関士試験合格に導いてくれる講座でなければ、わざわざ高い費用を払う意味はありません。

 

多くの受験生は、受験業界の実情なんてわからないだろうと思いますが、予想以上に「資格スクールの事情」というもので講座の価格が決まったり、講座内容が決まったりするものだと考えます。商売ですから。

 

このサイトでは、通関士試験に独学合格を目指す受験生にはほとんど役に立たないと思いますが、さっさと効率よく通関士に合格したい、そのためには、ある程度の費用は考えてもよいという受験生に向けて、少しでもお役にたてればと思います。

 

通関士講座を開講している主要な資格スクールに実際に資料請求して、各予備校の講座の分析をした結果をご紹介していきます。

 

通関士試験は、初学者から実質3か月の勉強で1発合格も可能な試験です。
通関士の資格スクール選びに悩む通関士受験生に、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

続き 資格スクールの上手な利用法

実際に9社の資格スクールに資料請求して、おススメの通関士通信講座をランキングしました。

 

通関士資格スクール比較ランキング

スクールの利用法 通信講座を選ぶ基準 スクール比較 試験内容・難易度 就職・将来性 仕事内容 学習・合格方法